古都トレド

トレドはマドリードの南に位置する。古くから城塞都市として栄えたところで、三方をタホ川に囲まれ、北側に城壁を巡らせた都市である。 5世紀からゴート族の支配にあり、711年にイスラムに奪われ、1085年にキリスト教徒が奪い返した。その後、500年間スペインの中心地として栄え、一時期はヨーロッパ政治の中心でもあったが、1561年に首都はマドリードに移転した。それ以降は静かな町として残った