« 偕楽園 | トップページ | 耶馬渓;青の洞門(その2) »

九州の旅(高千穂峡)その1

高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した溶岩流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった渓谷です。   この高千穂峡は、昭和9年11月20日名勝・天然記念物に指定されています。
Imgaxsmap1001_2
013 014015
018022023
※クリックすると画面が大きくなります

« 偕楽園 | トップページ | 耶馬渓;青の洞門(その2) »